新しい介護サービス「小規模多機能型居宅介護」の概要

小規模多機能型居宅介護の概要

小規模多機能型居宅介護の概要の記事一覧
  • サービス内容は?

    サービス内容は?

    小規模多機能型居宅介護は最近新しく創られた介護サービスなので、まだよく知らない人も多いかもしれません。小規模多機能型居宅介護は、自宅でこれまでと同じような暮らしを望んでいる要介護者に向けて、施設への通いを中心に宿泊や訪問も組み合わせながらこれまでの暮らしが継続できるように支援する介護サービスです。異なる介護サービスをひとつの施設が一体的に提供しているため、顔馴染みのスタッフと離れることもなく状況に応じて柔軟に対応してもらうことができるため、余計なストレスもかかりません。

    詳しく読む
  • 利用できる人の条件は?

    利用できる人の条件は?

    小規模多機能型居宅介護を利用できるのは要介護1~5の認定を受けた高齢者です。「通い」が基本になるため、施設のスタッフが時間に合わせて自宅まで迎えにきて、その後レクリエーションや食事介助や入浴介助、排せつ介助など一人一人必要な介護サービスを行います。従来の介護サービスではあまり連携が取れていないため、それぞれのサービスごとにスタッフが変わるのが当たり前で落ち着かない状況でしたが、小規模多機能型居宅介護では同じスタッフが一貫して支援してくれるため環境変化に敏感な高齢者も安心です。

    詳しく読む
  • 進化した看護小規模多機能型居宅介護とは?

    進化した看護小規模多機能型居宅介護とは?

    「通い」「宿泊」「訪問」を一体的に提供している小規模多機能型居宅介護に訪問看護が追加された「看護小規模多機能型居宅介護」は、介護サービスだけでなく医療ケアも行うことができるため、退院直後で状態が不安定な人や痰の吸引、血糖値の測定などより医療的ニーズが高い高齢者の支援も可能になりました。といっても、まだそれほど事業所も多くないため全国的に対応できているとはいい難い状況ですが、地域包括ケアシステムの要のサービスとして今後の発展に大きな期待が寄せられています。

    詳しく読む

人気の記事はコチラ!

通い・宿泊・訪問の3つの違い 通い・宿泊・訪問の3つの違い

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」と異なる3つの介護サービスを一体的に提供できるため、従来の介護サービスに比べて手厚く柔軟に対応できるのが特徴です。それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。