小規模多機能型居宅介護で行っているサービス

サービス内容は?

サービス内容は?

小規模多機能型居宅介護とは?

「小規模多機能型居宅介護」とは何か知っていますか?新しく創られた介護サービスなので、介護業界についてそれほど詳しくない場合は知らない人も多いかもしれません。
小規模多機能型居宅とは、介護サービス保険制度で新たに創られた地域密着型サービスのひとつです。自宅でこれまでと同じように暮らしたい要介護者に向けて、施設への「通い」を中心に状態に応じながら要介護者の自宅への「訪問」や短期間の「宿泊」を組み合わせて一体的に提供しながら自宅での生活が継続できるように支援するサービスです。小規模多機能型居宅では「通い」「宿泊」「訪問」などの各サービス内容は明確に決められているわけではないため、一人一人の介護程度に合わせた支援を提供することができます。
これまでは利用する要介護サービス者やご家族の状況に合わせて「通い」「訪問」「宿泊」をそれぞれ選択して必要なサービスを契約するスタイルでしたが、利用者の状況は日々変化するため状況に応じてサービス内容を変更する必要があります。ですが、サービス内容を変更するということは新たに介護サービス事業所を探さなければならず、信頼関係を築いていたスタッフとも離れるため、利用者やご家族にとっては大きな負担となってしまいます。しかし、「通い」「宿泊」「訪問」のサービスを一体的に提供している小規模多機能型居宅なら自由にサービス選択ができるため、このような負担や不安を解消して柔軟に対応することができます。

基本になるのは「通い」

一人一人、生活スタイルや希望に合わせて利用できる「通い」は日常生活の支援だけでなく仲間づくりや交流の場として利用することも可能です。たとえば、お風呂の時間だけ利用する、食事の間のみ、といったように必要な支援の間だけ利用することもできますし、朝から夕方まで一日利用することもできます。

緊急時に便利な「宿泊」

ご家族が病気や不在など緊急時などに便利なのが「宿泊」です。環境が変わることを不安に思う人も多いため、なるべく自宅で過ごすのと変わらないように支援することが大切です。

人それぞれ内容が異なる「訪問」

「訪問」は「通い」だけでは支えきれない時間やさまざまなサービスを、その人に生活スタイルに合わせて支援していきます。

小規模多機能型居宅について詳しく知りたいなら

ここまで小規模多機能型居宅の基本的なことについて紹介してきましたが、実際にどのようなスタイルで利用している人が多いのか、具体的にどのようなサービスを受けているか、について詳しく知りたいのであれば、ホームヘルパーとして働いた経験がある土本亜理子氏の著書【認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」】を読んでみてください。小規模多機能型居宅についての現実について知ることができます。

認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」

人気の記事はコチラ!

通い・宿泊・訪問の3つの違い 通い・宿泊・訪問の3つの違い

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」と異なる3つの介護サービスを一体的に提供できるため、従来の介護サービスに比べて手厚く柔軟に対応できるのが特徴です。それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。