さまざまなことが学べる小規模多機能型居宅介護で働こう

小規模多機能型居宅介護で働こう!

小規模多機能型居宅介護で働こう!

さまざまなことが学べる

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」の異なる介護サービスを一体的に提供しているため、さまざまな介護サービスの知識や技術、仕組みや役割を学ぶことができます。また、小規模多機能型居宅介護で提供される介護サービスは居宅ケアマネと関わる機会も多いため、居宅ケアマネを目指している人にとっては多くのことを学ぶことができます。

情報の共有がスムーズ

「訪問」のように時間的な制限や内容の制限があるわけではないため、利用者の状態や状況に合わせながら柔軟に対応することができますが、ひとつの施設が「通い」「宿泊」「訪問」を一体的に提供しているため、情報の共有もスムーズに行うことができます。

密接な関係を築ける

地域密着型サービスでもある小規模多機能型居宅介護はその名の通り、「小規模で」「地域を限定して」運営しているため、利用者だけでなく地域の人とも密接な関係を築くことができます。また、同じ地域の人たちが利用しているということで近隣の人との交流を促して利用者同士の豊かな関係を築くお手伝いにもなります。
地域包括支援センターや町内会、地域の民生委員など利用者を取り巻く人たちとチームを組むこともあるため、そこから地域の介護事情などの情報を知ることもできます。

小規模多機能型居宅介護で働くために

異なる介護サービスを一体的に提供する小規模多機能型居宅介護で働くためには、介護の基礎知識や技術が学べる「介護職員初任者研修」の資格が必須です。なぜなら、この資格がなければ「訪問」の仕事は行えないからです。
それ以外にも、介護職員初任者研修のワンランク上の資格である「実務者研修」や介護業界唯一の国家資格「介護福祉士」があれば、医療的ケアやきめ細かい介護サービスも提供することができますし、「ケアマネジャー」の資格があれば、利用者により適切な介護サービスを提供するためのケアプランを作成したり、利用者やご家族から相談を受けたりと幅広く業務をこなすことができます。

小規模多機能型居宅介護に向いている人

小規模多機能型居宅介護で働くためには幅広い業務に対応するスキルも必要ですが、自宅で生活している要介護度が比較的低い人が対象のため、施設介護のようにすべての行動に介護サービスが必要な人はほとんどいません。そのため、介護スキルを高めたいと思っている人はあまり向いていないでしょう。むしろ、「通い」は昼間のみ、「宿泊」は夜間のみ、と担当によって働く時間を固定することができるため、働く時間に制限がある人や固定したい人に向いています。

人気の記事はコチラ!

通い・宿泊・訪問の3つの違い 通い・宿泊・訪問の3つの違い

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」と異なる3つの介護サービスを一体的に提供できるため、従来の介護サービスに比べて手厚く柔軟に対応できるのが特徴です。それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。