「通い」「宿泊」「訪問」の仕事内容の違いを見てみよう

各介護サービスと仕事内容の違い

各介護サービスと仕事内容の違いの記事一覧
  • 通い・宿泊・訪問の3つの違い

    通い・宿泊・訪問の3つの違い

    小規模多機能型居宅介護における「通い」「宿泊」「訪問」の仕事内容をそれぞれ詳しくまとめていきます。「通い」は利用者やご家族の生活スタイル、意思をもとにサービス内容を決めていきますが、「なに」を「どの程度」受けるのかは自由に決めることができます。また、「通い」で不十分な部分は「訪問」でカバーします。「宿泊」は普段通い慣れた施設にそのまま宿泊することができるため、環境変化にストレスを感じやすい高齢者でも安心です。

    詳しく読む
  • デイサービスと通いを比較

    デイサービスと通いを比較

    「通い」と混同されることが多いデイサービスについて、どのようなところが「通い」と違うのか仕事内容を比較してみましょう。デイサービスは要介護認定を受けた高齢者が食事介助や入浴介助、レクリエーションなどの介護サービスを受ける施設ですが、要介護1や2の人が多く、介護の程度も軽いためそれほど体力を必要とする仕事はありません。ですが、時間ごとにプログラムが決められているため、「自分らしく」過ごすのが難しい場合もあります。

    詳しく読む
  • ショートステイと宿泊を比較

    ショートステイと宿泊を比較

    普段在宅介護サービスを受けている人が一時的に入所して介護を受ける施設がショートステイです。ご家族が一時的に介護ができなくなった場合や負担を減らしたい場合などに利用することがほとんどですが、あらかじめ予約をしなければ利用することができません。そのため、急に利用したいときや希望する日程が空いていないときは普段とは違う施設を利用しなければならないため、環境の変化にストレスを感じてしまう高齢者にはデメリットがあります。

    詳しく読む
  • 訪問介護と訪問を比較

    訪問介護と訪問を比較

    訪問介護は食事介助や入浴介助などの身体介護と掃除や洗濯などの生活援助を中心にを行っているため、自宅でこれまでと同じように暮らしたいと考えている高齢者の多くが利用している介護サービスです。しかし、内容や提供時間はあらかじめ決められており、必要な介護サービスしか受けることができないため、効率を重視するあまり利用者に寄り添った介護サービスが十分にできていない場合もあります。ですが、「訪問」は時間の枠がないため必要なときに必要なだけの介護サービスを十分に提供することができます。

    詳しく読む

人気の記事はコチラ!

通い・宿泊・訪問の3つの違い 通い・宿泊・訪問の3つの違い

小規模多機能型居宅介護は「通い」「宿泊」「訪問」と異なる3つの介護サービスを一体的に提供できるため、従来の介護サービスに比べて手厚く柔軟に対応できるのが特徴です。それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。